作業療法士は、その人が「したいこと 」、「挑みたいこと 」、 「する必要があること 」、「することを期待されていること」を 作業で評価し、作業で介入する保健・医療・福祉の専門職です。 作業とは、自分を定義づけ、自分自身を感じとることができる 活動のことです。すなわち、作業は十人十色です。我々は、作 業なしでは存在できません。そして、決して第三者の価値観で その人に活動を当てはめる訳にはいかないのです。  認知症アプローチでは、「その人に寄り添う」 や「その人中心」 という言葉をよく耳にします。 これは認知症の方に関わる時の 土台となる考え方です。今回、この土台を踏まえた上で、作業 を基盤に、認知症の方ご自身を取り戻す手立てをお伝えします。

  本講義の到達目標は、認知症により、作業ができなくなり自分 を見失った方に、その人であり続ける作業と再びつなげるアプロ ーチができようになることです。認知症予防においても作業の視 点から触れたいと思います。作業との結びつきが、 認知機能の維持 ・向上に寄与する研究成果も報告します。今日から実践できる評価 や介入方法も紹介します。その人を作業で捉えることで、認知症に 対する新たな発見があります。
株式会社 RaCtiv
〒672-8043
兵庫県姫路市飾磨区上野田4丁目201-2
TEL:079-231-5580 FAX:079-234-0089
Re:Aセミナー事業部
トップ             ●イベント情報
コンセプト          ●お問い合わせ

Copyright © RaCtiv. All Rights Reserved.