医療技術の発展に伴って「脳の見える化」が実現しまし た。それにより、脳は人間らしく生きるための基盤という 認識が高まり、科学的興味・社会的興味が「脳」に集まっ てきたように思います。CT 、MRI、SPECT、PETなど診断 技術の発展に伴って、診断精度や治療のレベルが格段と高 まった一方で、これまでの診断やアプローチをゼロから見 直すことになりました。その代表的な疾病が、今まさに社 会的課題となっている「認知症」です。認知症のタイプや 重症度分類に関する診断精度が高まっただけでなく、軽度 認知障害および認知症の早期発見が実現しました。トレー ニングやケアの有効性もエビデンスを持って説明すること が徐々に可能になってきました。
  本講座では、まず認知機能を中心とした脳機能システム を最新の研究成果や診断技術をもとに概説します。そして アプローチ面では、認知症に効果のあるアプローチ方法だ けでなく、臨床現場で何をどのように評価すればいいのか、 認知症になる前の危険信号(サイン)にはどのようなもの があるのかなど、使える評価バッテリーや最新技術の診か た(読み方)、そして基本的な視診・問診技術を紹介した いと思っています。とにかく認知症分野はめまぐるしく 変化していますので、最新の知識と技術を臨床に活かして いただければ幸いです。
株式会社 RaCtiv
〒672-8043
兵庫県姫路市飾磨区上野田4丁目201-2
TEL:079-231-5580 FAX:079-234-0089
Re:Aセミナー事業部
トップ             ●イベント情報
コンセプト          ●お問い合わせ

Copyright © RaCtiv. All Rights Reserved.